コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨書 リンショ

デジタル大辞泉の解説

りん‐しょ【臨書】

[名](スル)書道で、手本を見ながら字を書くこと。また、そのようにして書いた書。「千字文を臨書する」⇔自運

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りんしょ【臨書】

手本を傍らに置き,見ながらその字形や筆使い,字配りや全体の気分をまねて練習すること。また,そうして書いたものをさす。学書に最も多く用いられる方法で,効果が大きいため初心者,大家の別なく行われる。中国では絵画の学習に〈伝模移写〉が重要であると説かれ,書においても〈臨摹(りんも)〉という熟語があり,学書の法とされている。〈臨〉は法帖を傍らに置いて習うこと,〈摹〉は手本(佳書)の上に紙をのせて練習すること,すなわち敷き写しである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りんしょ【臨書】

( 名 ) スル
書道で、手本を見てそのとおりに書くこと。また、そうして書いた書。臨写。 ↔ 自運

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨書
りんしょ

(うつ)す(写す)こと。手習い方法の一つで、名跡・名筆とよばれる手本を傍らに置いて、これを熟覧しながらていねいに写す方法をいう。手本の字形、筆勢、用筆の技法など、さまざまな書道的技術を探ることを目的とする。写す精度の違いにより、手本を透(すき)写しにする臨摸(りんも)(臨写)、手本の紙背から光線を当てて籠字(かごじ)をとって写す響搨(きょうとう)(双鉤填墨(そうこうてんぼく))とよぶ方法もある。現代では、形を忠実にまねる形臨(けいりん)、手本の筆意をくみ取る意臨(いりん)の熟語も使用される。日本書道史上の遺品では、中国・東晋(とうしん)時代の王羲之(おうぎし)のものを忠実に写した光明(こうみょう)皇后筆の『楽毅論(がっきろん)』(正倉院宝物)、紀貫之(きのつらゆき)自筆本を写したという藤原定家(ていか)筆『土左日記』(巻末二ページ、前田育徳会)をあげることができる。[神崎充晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨書の関連情報