コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨時災害放送局 リンジサイガイホウソウキョク

デジタル大辞泉の解説

りんじさいがい‐ほうそうきょく〔‐ハウソウキヨク〕【臨時災害放送局】

災害が発生した際に、住民の安否情報や救援情報を詳細に伝えるために地方公共団体などが臨時に開設するFMラジオ放送局。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

臨時災害放送局

災害発生時に、住民の安否情報やライフラインの状況などをきめ細かく伝えるため、自治体が臨時で開設するFMラジオ局。電話など簡単な手続きで総務省から免許が与えられる。1995年の阪神大震災をきっかけに制度化された。東日本大震災では沿岸部を中心に執と立ち上がり、女川など多くの局は、インターネットの「サイマルラジオ」でも聴くことができる。

(2012-02-16 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

臨時災害放送局の関連キーワード臨時災害放送局とコミュニティーFM松坂貴久子災害

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臨時災害放送局の関連情報