コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨時災害放送局 リンジサイガイホウソウキョク

2件 の用語解説(臨時災害放送局の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りんじさいがい‐ほうそうきょく〔‐ハウソウキヨク〕【臨時災害放送局】

災害が発生した際に、住民の安否情報や救援情報を詳細に伝えるために地方公共団体などが臨時に開設するFMラジオ放送局。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

臨時災害放送局

災害発生時に、住民の安否情報やライフラインの状況などをきめ細かく伝えるため、自治体が臨時で開設するFMラジオ局。電話など簡単な手続きで総務省から免許が与えられる。1995年の阪神大震災をきっかけに制度化された。東日本大震災では沿岸部を中心に執と立ち上がり、女川など多くの局は、インターネットの「サイマルラジオ」でも聴くことができる。

(2012-02-16 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臨時災害放送局の関連キーワードライフライン犠牲フライドライフライバタフライナイフ安否情報システムフライラインウェブ一七一災害用伝言板世田谷ライフマガジン震害

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨時災害放送局の関連情報