コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自力更生運動 じりきこうせいうんどう

1件 の用語解説(自力更生運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自力更生運動
じりきこうせいうんどう

昭和初期の疲弊した農村などの救済を目的とする農林省主導の官製運動。 1930年以来の農村恐慌は農村に深刻な打撃を与えたが,斎藤実のいわゆる挙国一致内閣は,農相に新官僚の後藤文夫を起用,農村の自給生活の拡充をはかるべく,農山漁村経済更生運動を展開,推進した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自力更生運動の関連キーワード国際難民機関貸付金UNDRO救済権牧草地経営体水俣病の救済策四日市市の定期市伊藤七郎平天窓(トップライト)研究公開促進費

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone