コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤文夫 ごとうふみお

5件 の用語解説(後藤文夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後藤文夫
ごとうふみお

[生]1884.3.7. 大分
[没]1980.5.13. 東京
内務官僚。 1908年,東京大学政治学科を卒業。 22~23年内務省警保局長,のち台湾総督府総務長官をつとめた。新官僚のリーダーといわれ,32年斎藤実内閣の農相,34年岡田啓介内閣の内相 (二・二六事件では首相臨時代理) ,大政翼賛会副総裁,43年東条英機内閣国務相を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

後藤文夫【ごとうふみお】

政治家。大分県生れ。1908年東大卒後内務省に入る。台湾総督府総務長官などを経て1930年貴族院議員。新官僚の中心として農村匡救(きょうきゅう)事業を進め,この間安岡正篤(まさひろ)らによる国維会に参加。
→関連項目昭和研究会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤文夫 ごとう-ふみお

1884-1980 大正-昭和時代の政治家。
明治17年3月7日生まれ。内務省警保局長などを歴任。大正14年近衛文麿(このえ-ふみまろ)らと新日本同盟を結成し,青年団運動を指導。昭和7年国維会を組織,斎藤内閣農相となる。のち岡田内閣内相,大政翼賛会副総裁,東条内閣国務相などをつとめた。28年参議院議員。昭和55年5月13日死去。96歳。大分県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ごとうふみお【後藤文夫】

1884‐1980(明治17‐昭和55)
官僚,政治家。大分県出身。東大卒業後,内務省に入り警保局長,台湾総督府総務長官などを経て,1930年貴族院議員となる。その後,32年には斎藤実内閣の農相に就任し恐慌の打撃克服のために農山漁村経済更生運動を指導して農村の組織化にあたる。この間,安岡正篤らによる国維会に参加し,新官僚の指導的メンバーと目された。34年岡田啓介内閣の内相に就任,選挙の国家的統制を目的とした選挙粛正運動を推進した。以後,大政翼賛会副総裁などを務め,43年には東条英機内閣の国務大臣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後藤文夫
ごとうふみお
(1884―1980)

内務官僚、政治家。大分県生まれ。東京帝国大学政治学科卒業後、内務省に入る。各県の事務官などを経て、1922年(大正11)警保局長となる。1924年台湾総督府総務長官、1930年(昭和5)貴族院議員。この間、伊沢多喜男系の民政党官僚として重きをなす。また、青年団運動を指導して日本青年館理事長を務めた。その後、国維会理事として「新官僚」運動を推進し、1932年斎藤実(さいとうまこと)内閣農相として農山漁村更生運動を指導。1934年岡田啓介内閣内相に就任、選挙粛正運動を行った。1936年二・二六事件直後、臨時首相代理となる。第二次世界大戦中は大政翼賛会副総裁、東条英機(とうじょうひでき)内閣国務相などを歴任。終戦後、公職追放。解除後の1953年参議院議員に当選、緑風会に加入。伝記に『青年と歩む後藤文夫』がある。[小田部雄次]
『中村宗悦著『評伝日本の経済思想 後藤文夫――人格の統制から国家社会の統制へ』(2008・日本経済評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の後藤文夫の言及

【革新官僚】より

…満州事変後,親軍的な官僚層の勢力が増大するとともに,統制強化の動きが各方面に広がり,とくに農山漁村経済更生運動選挙粛正運動などの新たな組織化が注目されたが,こうした官僚主導型の政治改革を意図するグループが〈新官僚〉と呼ばれるようになった。1935年岡田啓介内閣が国策調査機関として設置した内閣調査局は,これら新官僚の活動の場となり,後藤文夫,吉田茂(戦後の首相とは別人)らの内務官僚が主流をなした。革新官僚とは,この新官僚につづく,より若い官僚を指しており,内閣調査局が企画庁となり,さらに日中戦争の全面化とともに,資源局と合して企画院に発展する過程で,総動員計画の作成にあたるようになる経済官僚がその中心になっていた。…

【国本社】より

…前年の虎の門事件に衝撃をうけた平沼が,〈国体ノ精華ヲ顕要スル〉ことを目的として結成した,反政党政治・反国際協調の傾向を強くもつ団体である。メンバーは平沼系の判事,検事が中心であるが,荒木貞夫,宇垣一成,後藤文夫,池田成彬などの軍人や内務省などの高級官僚,財界人をも組織した点に特色がある。地方支部でも司法官や地方政財界の名士を多数組織しており,市役所,裁判所内に事務所を設けている支部も多かった(支部39,会員1万7816名,1935年時の官憲資料)。…

【新官僚】より

…既成政党に従属的であったそれまでの官僚主流に対比して,政党の支配を脱しようとする姿勢に,当時としての〈新しさ〉が感じられた。五・一五事件を機に成立した斎藤実内閣の農相に登用され,経済更生運動を指導した後藤文夫をはじめ,次の岡田啓介内閣の組閣参謀となり内閣書記官長に就任した河田烈,同内閣が設置した内閣調査局の初代長官となった吉田茂(戦後の首相とは別人)などがその中心とみられた。大正後期から,青年団運動,選挙粛正運動などを推進するなかで,一定の連携をつくりあげてきた勢力であり,国維会はその背後にある組織として注目された。…

※「後藤文夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後藤文夫の関連キーワード官僚政治大分県大分市賀来大分県大分市国分大分県大分市里大分県宇佐市東大堀大分県大分市東大道大分県大分市横尾永屋茂平松守彦吉田茂(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後藤文夫の関連情報