コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤実 さいとう

百科事典マイペディアの解説

斎藤実【さいとうまこと】

明治から昭和初期の軍人,海軍大将,政治家。陸奥(むつ)仙台藩領水沢の生れ。日露戦争の際海軍次官として山本権兵衛海軍大臣を補佐。1906年から8年余海軍大臣として軍備拡張に努めた。
→関連項目東方会議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤実 さいとう-まこと

1858-1936 明治-昭和時代前期の軍人,政治家。
安政5年10月27日生まれ。第1次西園寺内閣以後5代の内閣の海相をつとめる。大正元年海軍大将。8年朝鮮総督。昭和7年の五・一五事件後に首相となる。満州国を承認し,帝人事件で退陣。10年内大臣。昭和11年2月26日クーデターをおこした陸軍将校により殺された(二・二六事件)。79歳。陸奥(むつ)水沢(岩手県)出身。海軍兵学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤実

没年:昭和11.2.26(1936)
生年:安政5.10.27(1858.12.2)
明治大正昭和期の海軍軍人,政治家。陸奥(岩手県)水沢藩士の子。明治12(1879)年海軍兵学校卒業。17年アメリカに留学,同国初代の公使館付武官となる。帰国後,海軍参謀本部出仕,常備艦隊参謀などを経て,日清戦争中は侍従武官,のち富士副長,「秋津洲」「厳島」各艦長を歴任し,31年11月より7年余山本権兵衛海相の下に海軍次官,39年1月より8年余5つの内閣で海相を務め海軍拡張を推進した。大正3(1914)年シーメンス事件で海相辞任,予備役に編入されたが,8年原敬内閣により朝鮮総督に起用され,3・1運動後の民族運動が高揚する朝鮮に「文化政治」「内鮮人同化政策」という統治方針で臨んだ。昭和2(1927)年ジュネーブ海軍軍縮会議全権委員,同年12月総督辞任,枢密顧問官となるが4年から6年にかけて総督に再任。7年5・15事件後,元老西園寺公望の推薦で政党・軍・官僚勢力均衡の中間的挙国一致内閣を組織し,満州国承認,国際連盟脱退を行ったが,帝人事件で総辞職。10年内大臣就任の翌年2・26事件で,「現状維持派」の中心として殺害された。<参考文献>斎藤子爵記念会『子爵斎藤実伝』,「斎藤実関係文書」(国立国会図書館憲政資料室)

(小林和幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいとうまこと【斎藤実】

1858‐1936(安政5‐昭和11)
明治・大正・昭和期の海軍軍人,政治家。水沢藩(現,岩手県)出身。幼名富五郎。後藤新平とは幼な友だち。1879年海軍兵学寮を卒業。84年軍事部出仕としてアメリカに留学し,公使館付武官を兼ねる。海軍の先輩仁礼景範(にれかげのり)の女婿となり,日清戦争では侍従武官,軍艦和泉の副長を務める。98年第2次山県有朋内閣の山本権兵衛海相により海軍次官に抜擢され,日露戦争後にいたる間,山本を補佐して海軍軍政にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいとうまこと【斎藤実】

1858~1936) 海軍軍人・政治家。岩手県生まれ。五・一五事件後、犬養内閣の後を継いで1932年(昭和7)挙国一致内閣を組閣し、満州国建設・国際連盟脱退など強硬外交政策を展開したが、帝人事件により総辞職。二・二六事件で暗殺された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎藤実
さいとうまこと

[生]安政5(1858).10.27. 陸奥,水沢
[没]1936.2.26. 東京
海軍軍人,政治家。父は水沢藩士。 1879年に海軍兵学校を卒業,少尉補に任官。 84年アメリカに留学,86~88年西郷従道海相に随行してヨーロッパに渡った。 98~1900年海軍次官。のち一時官名変更により海軍総務長官となり,06~14年海相。 12年に大将に昇進。 15年,三・一事件後に朝鮮総督となり,文治政策をとった。 27年ジュネーブ会議全権委員をつとめ,帰国して朝鮮総督を辞任し,枢密顧問官。 25年子爵。 29~31年再び朝鮮総督。 32~34年首相。 34年内大臣となったが,青年将校から親英米派の重臣とみられ,二・二六事件で暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤実
さいとうまこと
(1858―1936)

明治・大正・昭和期の海軍軍人、大将。政治家。安政(あんせい)5年10月27日陸奥(むつ)国(岩手県)水沢藩士斎藤耕平の長男として生まれる。1879年(明治12)海軍兵学校卒業。1884年にアメリカ留学、アメリカ公使館付武官に任ぜられた。1888年帰国後、海軍参謀本部、海軍省に勤務、ついで侍従武官、秋津洲(あきつしま)・厳島(いつくしま)艦長を務めた。この間1892年には仁礼景範(にれかげのり)(海相)の長女と結婚。1898年第二次山県有朋(やまがたありとも)内閣において山本権兵衛(やまもとごんべえ)海軍大臣の下で次官に就任、以後7年間同海相の下で次官を務めた。1906年(明治39)第一次西園寺公望(さいおんじきんもち)内閣の海軍大臣に就任以来5代の内閣の下で海相を務め、日露戦後の海軍軍備拡張を推進した。1914年(大正3)シーメンス事件で海相を辞任、予備役に編入された。1919年8月現役に復して朝鮮総督に就任。三・一独立運動にみられた朝鮮民族解放運動の高揚の鎮静化を図って、朝鮮統治政策を「武断政治」からいわゆる「文治政治」へと転換させた。1925年子爵。1927年(昭和2)病気のため朝鮮総督を辞任。その直前にはジュネーブ軍縮会議首席全権を務めた。総督辞任後1929年まで枢密顧問官、同年ふたたび朝鮮総督に就任したが、1931年辞任。1932年五・一五事件で瓦解(がかい)した犬養毅(いぬかいつよし)内閣の後を継いで、「挙国一致内閣」を組織した。斎藤内閣は中間内閣といわれたが、「満州国」を承認し国際連盟から脱退することによって、かえって日本の国際的孤立化を進めてしまった。1934年7月帝人事件で総辞職。1935年12月内大臣に就任。昭和11年2月、二・二六事件で暗殺された。[芳井研一]
『『子爵斎藤実伝』全4巻(1941~1942・斎藤子爵記念会) ▽有竹修二著、細川隆元監修『日本宰相列伝14 斎藤実』(1986・時事通信社) ▽御厨貴監修『歴代総理大臣伝記叢書21 斎藤実』(2006・ゆまに書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の斎藤実の言及

【三・一独立運動】より

…制限つきではあったが,朝鮮人は集会・結社の自由や言論の自由をかち取った(翌年《東亜日報》《朝鮮日報》などが発刊)。朝鮮総督の長谷川好道は更迭されて斎藤実が第3代総督となった。斎藤は,非妥協的民族主義者を除外して自治派などの妥協的民族主義者をとりこむという朝鮮民族の分断を策して〈文化政治〉を唱えたが,三・一運動を経験した朝鮮人はさまざまな組織を作って頑強にこれと闘った。…

※「斎藤実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

斎藤実の関連キーワード二・二六事件・二二六事件インナー・キャビネット石川県加賀市深田町片山津[温泉]選挙粛正運動岡田啓介内閣三一独立運動柴田 善三郎日満議定書永井柳太郎八並 武治神兵隊事件柴田善三郎内田康哉松本 学安田 優後藤文夫斎藤隆夫実盛送り天羽声明

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎藤実の関連情報