自律神経節遮断薬(読み)じりつしんけいせつしゃだんやく

日本大百科全書(ニッポニカ)「自律神経節遮断薬」の解説

自律神経節遮断薬
じりつしんけいせつしゃだんやく

自律神経節の伝達を遮断する薬物。臭化ヘキサメトニウム、酒石酸水素ペントリニウム、塩酸メカミルアミン、カンシル酸トリメタファンなどがある。これらはとくに交感神経節を遮断して、細動脈を拡張し、血圧を降下させることから、血圧降下剤として用いられる。トリメタファンは外科手術時の高血圧の処置や低血圧維持のために注射で用いられる。ヘキサメトニウムは化学構造上炭素の数が6であるところからC6と略称され、ペントリニウムは同じくC5と称された。ヘキサメトニウム、ペントリニウム、メカミルアミンは副作用が大きいため、他の血圧降下剤が開発された現在では、臨床にはほとんど使用されていない。

[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の自律神経節遮断薬の言及

【自律神経薬】より

…自律神経(自律神経系)や自律神経の支配を受けている器官(効果器官)に働きかけて,自律神経が興奮したとき,あるいはその興奮が遮断されたときにみられる効果を発現する薬物の総称。交感神経興奮薬,交感神経遮断薬,副交感神経興奮薬,副交感神経遮断薬,自律神経節興奮薬,自律神経節遮断薬などが含まれる。
[交感神経興奮薬sympathomimetic agent]
 交感神経の興奮は,興奮によって神経の終末から放出されるノルアドレナリン(ノルエピネフリン)が,効果器細胞上のアドレナリン作動性受容体と結合することによって伝達される。…

※「自律神経節遮断薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android