コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受粉 じゅふん pollination

翻訳|pollination

6件 の用語解説(受粉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受粉
じゅふん
pollination

被子植物においては花粉が柱頭に到達すること。裸子植物においては花粉が雌花の珠孔に達すること。これにより花粉が花粉管を伸ばして (ソテツイチョウの類では精虫を生じ) ,受精が成り立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐ふん【受粉】

[名](スル)雄しべの花粉が雌しべの先端につくこと。その結果として受精が行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

受粉【じゅふん】

種子植物の生殖過程の一つ。めしべの先端(柱頭)に花粉がつくこと。受粉が同じ花のおしべとめしべの間で行われるのを自花受粉同花受粉とも),同じ個体の中で行われるのを自家受粉,違う個体間では他家受粉という。
→関連項目花粉シュプレンゲル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅふん【受粉 pollination】

種子植物の花粉が雌性生殖器官(被子植物ではめしべの柱頭,裸子植物では胚珠の珠孔部)に付着する現象。雌性生殖器官の側からの表現で受粉といわれることが多いが,花粉の側からの発想で授粉といわれることもあり,最近では繁殖の生物学の分野で昆虫による送粉といわれることも多くなってきた。 受粉には同じ個体の雌性生殖器官に付着する自家受粉と,必ず他の個体の雌性生殖器官に着く他家受粉とがある。自家受粉のうちで,雌雄同花であって,同じ花のめしべの柱頭に受粉する場合は同花受粉,同じ花序の他の花に受粉する場合は隣花受粉,同じ個体であっても異なった花に受粉する場合は同株他花受粉などと区別することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅふん【受粉】

( 名 ) スル
めしべの柱頭に同一種の花のおしべの花粉がつくこと。このあとで受精が起こる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

受粉
じゅふん

植物の受精の際に、花粉が受精のための特定の場所につくことをいう。被子植物では雌しべの柱頭が、裸子植物では胚珠(はいしゅ)の珠孔部が花粉のつく場所となる。受粉は、花粉が同じ個体の雌しべにつく自家受粉と、同種の植物の別の個体の間で花粉が雌しべにつく他家受粉に分けられる。自家受粉には、同じ花のなかで花粉が雌しべにつく自花受粉と、同じ個体の別の花の間で花粉が雌しべにつく隣花受粉とがある。スミレやアサガオなどは、花が開く前のつぼみの段階で受粉するが、これを閉花受粉といい、開花してから受粉する開花受粉とは区別される。
 受粉には一般に自家受粉を避ける仕組みがあり、キキョウ、モクレン、オオバコなどのように、雌しべと雄しべの成熟期がずれたり(雌雄異熟)、アサやイチョウのように雄株と雌株が分かれたり(雌雄異株)、同一個体の花粉を受粉しても受精しない(自家不和合性)などの方法によって自家受粉を避け、他の個体の花粉によって受粉しようとする。そのため、花粉の移動を媒介するものとして昆虫、風、鳥、水などが利用される。ミツバチ、チョウ、ガなどの昆虫の媒介で花粉が雌しべに運ばれる虫媒花では、大形で美しい花が多く、香りや蜜(みつ)で昆虫を誘引する。マツやスギなどの風の力で花粉が運ばれる風媒花では、あまり目だたない花が多く、軽い花粉を大量に生産して空中に飛散する。南米のハチドリなどの小形の鳥によって受粉が媒介される鳥媒花は、大形の美しい花と大量の蜜が特徴となっている。このほか、セキショウモなどのように水の流れによって花粉が運ばれる水媒花や、カタツムリなどの動物によって花粉が運ばれるものもある。人が人為的に花粉を雌しべの柱頭につけて受粉させることを人工授粉といい、優れた遺伝的形質をもった品種をつくるのに利用されたり(品種改良)、受粉を媒介する動物がいない時期や純系を保つ場合などに行われる。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受粉の関連キーワード種子植物心皮胚珠胚嚢被子植物裸子植物植物界生殖器官雄蕊雌蕊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

受粉の関連情報