コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自治体学会 じちたいがっかい

2件 の用語解説(自治体学会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自治体学会
じちたいがっかい

自治体の首長や職員,市民,学者,専門家,コンサルタントなど幅広い構成メンバーによる自治研究の学会。近年の地域政策の重視,自治体職員の政策研究熱の高まりを受けて 1986年5月に発足。実務家と研究者,市民が共通の場で地域の政策問題を考えるというユニークな学会として注目される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

自治体学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Japan Association of Local Government Policy Studies」。自治に関する情報・交流・研究を行う。事務局所在地東京都中央区

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自治体学会の関連キーワード自治体市民交通傷害保険自治基本条例自治体職員の飲酒運転厳罰化住民訴訟と地方自治体職員自治体の国際交流自治体の非常勤職員自治体の長時間残業問題各自治体の職員手当帳消し議決

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自治体学会の関連情報