コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然国境論 しぜんこっきょうろんfrontière naturelle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然国境論
しぜんこっきょうろん
frontière naturelle

フランスの国土をピレネーアルプス,ライン,大西洋というように自然の山河を境界として考える思想。この説は,絶対主義政治の確立過程と深い関連性をもち,リシュリューや J.マザランによって主張され,当時の侵略戦争はフランスの歴史的権利の回復にすぎないとされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android