コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然林 しぜんりん

大辞林 第三版の解説

しぜんりん【自然林】

人手によらず自然に成立した林。天然林。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然林
しぜんりん

通俗的に用いられる語で、人工林に対比される。森林の造成や保育にほとんど人の手が加わらず、天然に成立した森林を天然林というが、人の手が加わらなくとも、その成立の過程で風水害、火災、生物害などの影響を受けていることは珍しくない。天然林のうちでも、古くから人の手が加わらず、近年重大な災害も受けていない極相の森林を原生林という。また、一度人手で伐採されたが、そのあと天然に更新してできた新生林を天然生林という。このように、森林の発生・生育の過程を自然に任せている森林を総称して自然林ということがあり、造成・保育に人手をかけた人工林に対比して用いられるが、自然林ということばは定着した用語ではない。したがって、自然林に対しては、人工植栽による人工林以外の森林の総称といった漠然としたとらえ方がよいであろう。2007年(平成19)の統計によれば、日本の人工林以外の森林は1475万ヘクタール、全森林面積の59%。ちなみに1954年(昭和29)のそれは68%、1981年は55%(1399万ヘクタール)、1995年は59%(1475万ヘクタール)であった。[只木良也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

自然林の関連キーワード千葉県長生郡長南町笠森吉井川中流県立自然公園果無山脈県立自然公園越前加賀海岸国定公園真鶴半島県立自然公園立久恵峡県立自然公園京都丹波高原国定公園クックフォン国立公園岡山県英田郡西粟倉村魚梁瀬県立自然公園北海道苫前郡羽幌町アマミノクロウサギ高野龍神国定公園ケニア山国立公園大和青垣国定公園ワイルドコースト肱川県立自然公園高野竜神国定公園加茂(千葉県)京都府立植物園

自然林の関連情報