コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由投票 じゆうとうひょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由投票
じゆうとうひょう

投票する際に何ものの拘束も受けないことを意味するが,具体的には2つの場合がある。 (1) 選挙の際に,有権者が棄権しても法的に処罰を受けない投票制度。任意投票制とも呼び,投票することを法的に義務づける強制投票に対立する概念である。 (2) 議会内における政党所属の議員の各法案への投票の仕方を,その政党の方針として各議員に拘束せず,個々の議員の意志に基づく自由な投票を容認すること。強い政党拘束 (party discipline) に対立する概念。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自由投票の関連キーワードケニア・キバキ政権

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由投票の関連情報