コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由連想 free association

翻訳|free association

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐れんそう〔ジイウレンサウ〕【自由連想】

ある言葉を与えられたとき、その言葉からに浮かぶ考えを自由に連想していくこと。精神分析では、心の中のしこりコンプレックス)を見つけるために用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゆうれんそう【自由連想】

〘心〙
ある言葉を与えられて、そこから心に浮かぶイメージを自由に連想してゆくこと。
精神分析で、心に浮かぶことを、何でも自由に話させること。症状の原因となっている心理的葛藤の発見や解釈に役立てる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由連想
じゆうれんそう
free association

心理学用語。連想実験で,被験者に自由な構えをとらせ,刺激語を与えて,それから自然に連想させる語を求めること。これに対して,特定の構えをとらせて行う場合を制限連想という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自由連想の関連キーワードケント=ロザノフテスト転移(精神分析)ヒステリー研究連合(心理学)カウンセリングフロイト主義カタルシス連想テスト遊戯療法イメージ隠蔽記憶質的調査深層面接フロイト夢の解釈連想検査無意識夢判断菊村到症状

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android