コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由連想 free association

翻訳|free association

4件 の用語解説(自由連想の意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

自由連想

自由連想とは自由連想法のことをいう。自由連想法の項参照。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐れんそう〔ジイウレンサウ〕【自由連想】

ある言葉を与えられたとき、その言葉から心に浮かぶ考えを自由に連想していくこと。精神分析では、心の中のしこりコンプレックス)を見つけるために用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゆうれんそう【自由連想】

〘心〙
ある言葉を与えられて、そこから心に浮かぶイメージを自由に連想してゆくこと。
精神分析で、心に浮かぶことを、何でも自由に話させること。症状の原因となっている心理的葛藤の発見や解釈に役立てる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由連想
じゆうれんそう
free association

心理学用語。連想実験で,被験者に自由な構えをとらせ,刺激語を与えて,それから自然に連想させる語を求めること。これに対して,特定の構えをとらせて行う場合を制限連想という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由連想の関連キーワード足占迂言口実言葉を下ぐ言葉を尽くす通り言葉合言葉言換え重ね言葉不快語

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自由連想の関連情報