コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由連想法 free association

翻訳|free association

世界大百科事典 第2版の解説

じゆうれんそうほう【自由連想法 free association】

神経症に対する精神分析療法の基本技法。S.フロイトの創案になるもので,1890年代に漸進的に確立されていった。患者をソファに横臥させ,分析者はその背後に座る。分析者は患者を見ることができるが,患者は分析者を見ることができない。このように治療状況を設定した上で,治療者は患者の心の中に浮かんだいっさいのことを言語化することを要求する。つまり,関係がない,重要でない,無意味だ,話すことは不愉快だといった取捨選択を患者にまったく停止してもらい,頭の中に浮かんだことをまとめようとはせず,そのままに自由に連想してもらうのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の自由連想法の言及

【エリーザベト・フォン・R】より

…このような防衛ヒステリーの考えを実証し,また治療に対する抵抗(沈黙など)の意味に着目させた症例として重要である。さらにまた,〈頭に浮かんだままに話させる〉自由連想法を発見する契機となった症例としても忘れえない。この自由連想法こそ,無意識の世界の探求を可能にしたものであり,患者が自分の理性によって無意識を洞察するこの方法によって,はじめて精神分析が誕生したといえる。…

【精神分析】より

…精神分析とは,創始者であるS.フロイト自身の定義に従うと,(1)これまでの他の方法ではほとんど接近不可能な心的過程を探究するための一つの方法,(2)この方法に基づいた神経症の治療方法,(3)このような方法によって得られ,しだいに積み重ねられて一つの新しい学問的方向にまで成長してゆく一連の心理学的知見,である。ここでフロイトの述べている方法とは,主として自由連想法である。この自由連想法は,定義の(1)(2)にみられるように治療法であると同時に人間心理の一探究法でもある。…

【フロイト】より

…つまり精神分析学者フロイトの前身は,第一級の神経病学者であった。
[精神分析療法の誕生]
 ヒステリー患者の根本的治療を模索する開業生活の中で,催眠術とは決別した自由連想法と称する精神分析療法が誕生する。これは精神病理学者・精神療法家フロイトの誕生をも意味する。…

※「自由連想法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自由連想法の関連キーワードヒステリー研究フロイト主義連想テスト遊戯療法隠蔽記憶自由連想深層面接質的調査夢判断抵抗

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android