コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由金利商品 じゆうきんりしょうひん

1件 の用語解説(自由金利商品の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由金利商品
じゆうきんりしょうひん

臨時金利調整法による金利規制を受けておらず,市場の需給によって自由に変動する金融商品金利自由化の進展の中で,金融機関が自由に金利を決定できる商品は,まず大口の CD (譲渡性預金) が 1979年に自由化されたのを初めに,外貨預金非居住者円預金,預入れ金額が 1000万円以上の大口定期預金,FB (政府短期証券) ,国内 CP (コマーシャルペーパー) と進み,93年には定期預金が,そして 94年 10月には残っていた流動性預金の金利も自由化され,完全自由化の時代に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由金利商品の関連キーワード金利調整審議会臨時金利調整法変動金利農地調整法貸出金利スワップポイント市場金利スワップ・ポイントスワップ金利実質金利(Real Interest Rate)固定型金利・変動型金利

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone