コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由金利商品 じゆうきんりしょうひん

1件 の用語解説(自由金利商品の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由金利商品
じゆうきんりしょうひん

臨時金利調整法による金利規制を受けておらず,市場の需給によって自由に変動する金融商品金利自由化の進展の中で,金融機関が自由に金利を決定できる商品は,まず大口の CD (譲渡性預金) が 1979年に自由化されたのを初めに,外貨預金非居住者円預金,預入れ金額が 1000万円以上の大口定期預金,FB (政府短期証券) ,国内 CP (コマーシャルペーパー) と進み,93年には定期預金が,そして 94年 10月には残っていた流動性預金の金利も自由化され,完全自由化の時代に入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone