コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨時金利調整法 りんじきんりちょうせいほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨時金利調整法
りんじきんりちょうせいほう

昭和 22年法律 181号。金融機関金利の最高限度を定めることを目的とする法律。この法律の金利とは,全国の金融機関が実際に行なう預金,貯金の利率,定期積立金の利回り,無尽掛け金の利回り,指定金銭信託の予定配当率,貸付けの利率,手形の割引率,当座貸越しの利率,コールローンまたはコールマネーの利率,有価証券の引受料,戻し料,その他これに準じるもの。同法によれば,金利の最高限度の決定,変更,廃止は,財務大臣の指示監督のもとに,日本銀行政策委員会が金融審議会に諮問ののち行なうことになっている。金利の最高限度は,金融機関別に,また地域別に定めることができる。金融機関は,この最高限度をこえて契約,支払い,受領してはならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

臨時金利調整法【りんじきんりちょうせいほう】

市中金融機関の金利の最高限度を定めるための法律(1947年)。臨金法と略す。対象は銀行・中小企業金融機関・農林水産金融機関・労働金庫・保険会社等とされ,大蔵大臣日銀政策委員会に預金・貯金の利子,貸付けの利率,手形の割引率等の最高限度を定めさせることができる。
→関連項目高利貸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんじきんりちょうせいほう【臨時金利調整法】

第2次大戦以前は,日本の金融機関は貸出金利についても,預金金利についても相互に協定を結ぶ非競争的な決定の慣行を定着させていた。敗戦後のインフレーションの激化の中で,金利を規制する必要は戦前以上に強くなっていたが,1947年に制定された独占禁止法の自由競争体制の下では,戦前から続く私的な協定による金利決定の方法は,違法行為である〈不当な取引制限〉に該当すると考えられた。そこで銀行,信託会社,保険会社,無尽会社農林中央金庫商工組合中央金庫等の金融機関の金利の最高限度を大蔵大臣が公定する方法を取り,従来の協定に代えることとし,制定されたのが本法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の臨時金利調整法の言及

【銀行】より

…いわゆる信用割当てのメカニズムである。独占禁止法の適用除外措置の第1号として成立した臨時金利調整法(1947公布)や銀行経営の健全性の維持をたてまえとする金融行政(行政指導を含む)が,銀行間の競争行為を制限したことも,信用割当てのメカニズムを強化した。こうした性格の金融市場のもとで,個々の銀行はその時々の規制のもとで一定の利ざや(貸出利子率と預金利子率の差)を保証されていたので,できるだけ多くの預金を集める一方,安定顧客である貸出先を確保し,将来の有望な顧客を開拓することに経営の基本をおいた。…

※「臨時金利調整法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臨時金利調整法の関連キーワード金利調整審議会自由金利商品金利自由化預金利率拘束預金外貨預金金融三法規制金利定期預金

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android