コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼杵煎餅

デジタル大辞泉プラスの解説

臼杵煎餅

大分県臼杵市の名物菓子。小麦粉砂糖鶏卵を合わせた煎餅に、特産の生姜と砂糖を混ぜ合わせた蜜をハケ引きした丸型の煎餅。生地に竹炭を練り込んだ「黒餅衛(くろべえ)」という商品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

臼杵煎餅[菓子]
うすきせんべい

九州・沖縄地方、大分県の地域ブランド。
主に臼杵市で製造されている。江戸時代、臼杵藩稲葉氏が参勤交替用の食糧としてつくった保存食が、その始まりという。小麦粉・砂糖・鶏卵の生地の煎餅に、臼杵特産の生姜と砂糖を混ぜ合わせた蜜を塗り焼きあげた焼菓子

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

臼杵煎餅の関連キーワード大分県臼杵市

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android