コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼杵市 うすき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臼杵〔市〕
うすき

大分県南東部,豊後水道西側の臼杵湾に臨む市。市域のほぼ中央部を臼杵川が北東に流れ,臼杵湾に注ぐ。 1950年白杵町と海辺村が合体して市制。 1954年佐志生村,下ノ江村,下北津留村,上北津留村,南津留村の5村を編入。 2005年野津町と合体。中心市街地の臼杵は,永禄5 (1562) 年に大友宗麟が丹生島 (現臼杵公園) に城を築き,府内 (現大分市) から移って以後,その城下町,海外文化吸収の先進地として発達。慶長5 (1600) 年以後は稲葉氏5万石余の城下町として幕末にいたった。市域南西部の野津川沿いの谷底平野では米作と,野菜,タバコ栽培,畜産が行なわれる。伝統的な味噌,醤油,清酒,およびウイスキーの醸造・蒸留業のほか,造船業,たばこ製造業などが行なわれる。深田の臼杵石仏は,おもに藤原時代につくられた磨崖仏群で,秀作が多く,1952年国の特別史跡に,1995年国宝に指定された。ほかに史跡の下山古墳,国指定天然記念物の風連鍾乳洞などがある。 JR日豊本線,国道 217号線,502号線が通る。臼杵港からは八幡浜へのフェリーが発着する。面積 291.2km2人口 3万8748(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うすき‐し【臼杵市】

臼杵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

臼杵市の関連キーワード大分県臼杵市野津町西神野大分県臼杵市野津町清水原大分県臼杵市野津町西寒田大分県臼杵市野津町野津市大分県臼杵市野津町福良木大分県臼杵市野津町柚野木大分県臼杵市野津町藤小野大分県臼杵市野津町垣河内大分県臼杵市野津町前河内大分県臼杵市野津町西畑大分県臼杵市野津町吉田大分県臼杵市野津町東谷大分県臼杵市野津町秋山大分県臼杵市野津町山頭大分県臼杵市野津町都原大分県臼杵市野津町白岩大分県臼杵市野津町千塚大分県臼杵市野津町烏嶽大分県臼杵市野津町落谷大分県臼杵市野津町亀甲

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臼杵市の関連情報