コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼杵藩 うすきはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臼杵藩
うすきはん

江戸時代,豊後国 (大分県) 海部郡臼杵地方を領有した藩。文禄の役のとき大友氏故地豊臣秀吉に没収され,太田政之に与えられた。6万 5000石であったが,慶長5 (1600) 年関ヶ原の戦いに西軍に参加して滅び,稲葉貞通が美濃八幡より入封,5万石を領し,以後稲葉氏が 14代にわたり廃藩置県まで在封。外様,江戸城柳間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

うすきはん【臼杵藩】

江戸時代豊後(ぶんご)国海部(あまべ)郡臼杵(現、大分県臼杵市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は集成館。1600年(慶長(けいちょう)5)、関ヶ原の戦い後に稲葉貞通(さだみち)が戦功により5万石に加増されて美濃(みの)国郡上(ぐじょう)藩から入封(にゅうほう)して立藩。以後明治維新まで稲葉氏15代が続いた。紙・木炭などの生産振興をはかったが、江戸中期に財政が悪化して借財は26万両にものぼった。そのため、家老の村瀬庄兵衛(しょうべえ)が総元締として借財踏み倒しや緊縮財政などによる天保(てんぽう)の改革を断行、財政再建を成功させた。1842年(天保(てんぽう)13)に藩校の学古館(のち集成館)を創設。69年(明治2)には豊後諸藩のなかでもいち早く版籍奉還を行い、71年の廃藩置県により、臼杵県を経て大分県に編入された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臼杵藩
うすきはん

豊後(ぶんご)国海部(あまべ)郡臼杵(うすき)(大分県臼杵市)に藩庁を置いた藩。藩主稲葉氏。外様(とざま)。1593年(文禄2)豊後一国を支配した大友義統(よしむね)の除封後、福原直高(なおたか)(6万石)が臼杵に入ったが、1597年(慶長2)直高は府内に移り、かわって太田一吉(かずよし)(3万5000石)が臼杵に入った。しかし1600年(慶長5)関ヶ原の戦いが起こると、西軍に属した一吉は豊後岡の中川秀成(ひでなり)に攻め落とされ、このあと美濃(みの)(岐阜県)八幡城主稲葉貞通(さだみち)が同戦の戦功によって海部、大野、大分3郡に5万0060石余を与えられ臼杵に入った。貞通のあと典通(のりみち)、一通(かずみち)、信通(のぶみち)、景通(かげみち)、知通(ともみち)、恒通(つねみち)、董通(まさみち)、泰通(やすみち)、弘通(ひろみち)、雍通(てるみち)、尊通(たかみち)、幾通(ちかみち)、観通(あきみち)、久通(ひさみち)と15代続き、廃藩置県に至った。正徳(しょうとく)(1711~16)ごろから藩財政が窮乏し始め、1811年(文化8)には大野郡三重郷から百姓一揆(いっき)が起こって領内に広がり、1830年(天保1)には借財が26万両に達した。このため翌年、家老村瀬庄兵衛(しょうべえ)を総元締として天保(てんぽう)の改革を実施、いちおうの成果をあげた。1871年(明治4)7月廃藩、臼杵県となり、同年11月大分県に統合された。[柴多一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

臼杵藩の関連キーワードヤマコ臼杵美術博物館大分県臼杵市臼杵豊後大野(市)可児 孝次郎大分県臼杵市荘田 平五郎荘田平五郎臼杵(市)大分(県)箕浦 勝人箕浦勝人雪窓宗崔山本達雄鶴峯戊申渋川敬直臼杵煎餅指原安三末広焼臼杵城中川氏

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android