コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興世王 おきよおう

3件 の用語解説(興世王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

興世王 おきよおう

?-940 平安時代中期の官吏。
武蔵権守(むさしのごんのかみ)在任中の承平(じょうへい)8年(938)足立郡司の武蔵武芝とあらそい平将門(まさかど)の仲介で和解する。翌年,新任の国司百済(くだらの)貞連とも対立。将門のもとに身をよせ,坂東征服をすすめたとされる。天慶(てんぎょう)3年2月19日上総(かずさ)(千葉県)で朝廷の追討軍に討たれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

興世王

没年:天慶3.2.19(940.3.30)
生年:生年不詳
平安中期の官人。系譜は明らかでない。天慶1(938)年2月,武蔵権守として在任中,国司の部内巡検を拒否する足立郡司武蔵武芝と対立,平将門の仲裁で和解した。翌年,新司の武蔵守百済貞連が着任するとこれとも対立,その結果下総国の将門を頼って寄宿し,将門の副将のような存在となった。『将門記』によれば,将門は王から,犯した罪に変わりがないのなら坂東全体を虜掠しても同じことだとそそのかされてその気になり,「新皇」の地位についたというが,事実なら王の一言が将門の命取りになったことになろう。将門敗死の5日後,上総国で藤原公雅に討たれて没している。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おきよおう【興世王】

?~940) 平安中期の官人。系譜不詳。平将門に坂東征服を勧め、将門が行なった除目により上総介となる。のち追討軍に殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

興世王の関連キーワード絵仏師大蔵種材年爵扶桑集追立の官人天慶かでな大蔵春実紀古麻呂平良文

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone