コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興道名継 おきみちの なつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

興道名継 おきみちの-なつぐ

?-876 平安時代前期の医師。
侍医となり,斉衡(さいこう)3年(856)門部連(むらじ)をあらため興道宿禰(すくね)の氏姓をあたえられる。駿河介,医博士,内薬正,能登介などを兼ね典薬頭(かみ)にすすんだ。貞観(じょうがん)18年11月19日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

興道名継の関連キーワード補助保佐保佐人補助人陽成天皇清和天皇陽成天皇ルートウィヒ2世(ドイツ王)カール[3世]清和天皇

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone