コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補助人 ホジョニン

4件 の用語解説(補助人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほじょ‐にん【補助人】

被補助人について補助をする人。被補助人が選択した特定の法律行為について、「同意権と取消権」と「代理権」のどちらか一方、または双方が付与される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

補助人

被保佐人に付され、その保護のために一定の行為を補助する者。重要な法律行為について同意権を有するが、代理権はない。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほじょにん【補助人】

成年後見制度で、被補助人を補助するものとして家庭裁判所により選任される者。 → 被補助人

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

補助人
ほじょにん

成年後見制度において、被補助人(「精神上の障害に因り事理を弁識する能力が不十分なる者」で、家庭裁判所から補助開始の審判を受けた者)に対して付される保護者をいう(民法15条)。
 補助人には、被補助人が選択した特定の法律行為について「同意権と取消権」または「代理権」の一方または双方が付与される(同法876条の4)。補助人は被補助人の意思を尊重し、その心身の状態や生活の状況に配慮しつつ、同意権・取消権、代理権の範囲内で被補助人の身上看護や財産管理に関する事務を行わなければならない。補助人に取消権や代理権が付与されたことに伴い、補助人の適正な職務を担保するため、家庭裁判所は、必要があると認める場合、請求または職権により、補助監督人を選任することができる(同法876条の8)。補助監督人がいない場合で、補助人と被補助人との利益が相反するときは、補助人は臨時補助人の選任を家庭裁判所に請求しなければならない(同法876条の7)。[池尻郁夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

補助人の関連キーワード補助機関被補助人副手補助符号補助用言制限行為能力者補助補助費補助簿補助食品

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

補助人の関連情報