舞の海秀平(読み)まいのうみ しゅうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舞の海秀平 まいのうみ-しゅうへい

1968- 平成時代の力士,スポーツキャスター,相撲解説者。
昭和43年2月17日生まれ。小学1年で相撲をはじめ,日大相撲部では体重別大会で活躍。出羽海部屋に入門新弟子検査身長日本相撲協会の基準にたりず頭部シリコンをいれて合格した。平成2年5月幕下付出で初土俵。3年3月新十両,同年9月新入幕。6年9月小結にのぼる。100kgに満たない軽量ながら多彩な立会い・技で大型力士をたおし人気が高かった。幕内通算成績は36場所,241勝287敗,技能賞5回。平成11年引退しタレントとなり,相撲解説,キャスターをつとめる。青森県出身。本名は長尾秀平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舞の海秀平の関連情報