コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞台子 ブタイコ

デジタル大辞泉の解説

ぶたい‐こ【舞台子】

江戸時代、舞台に立って歌舞を演じた若衆男色も売った。
「上品(じゃうぼん)なるを名づけて、太夫子、―、板付きといへり」〈浮・禁短気・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の舞台子の言及

【陰間】より

…こうして〈陰の間〉の役者,つまり舞台に出ぬ役者の意の陰間は,そのまま男娼の通称となった。陰間に対して,舞台に出演するもので売色するものは舞台子,色子,旅かせぎをするものは飛子(とびこ)ともいった。また,関西では後年まで若衆と呼んだ。…

※「舞台子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

舞台子の関連キーワードマキノ 智子歌舞伎子御座る芝居子板付き陰間本子色子

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android