コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞文 ブブン

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐ぶん【舞文】

自分勝手に言葉をもてあそんで自分に有利な文章を書くこと。また、その文章。「舞文を弄(ろう)する」
自分勝手な解釈で法律を濫用すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶぶん【舞文】

( 名 ) スル
巧みに論理を展開して自分に都合のよい文を作ること。また、法律を都合よく解釈して、乱用すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

舞文の関連キーワード侮・不・侮・分・奉・撫・武・歩・無・舞・蕪・誣・部舞文曲筆襲装束綾切文章安摩論理都合曲筆ろう

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android