コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞舞蛾 マイマイガ

デジタル大辞泉の解説

まいまい‐が〔まひまひ‐〕【舞舞×蛾】

ドクガ科のガ。(はね)の開張が約5センチ、が8センチ。雄は翅が暗褐色で黒紋があり、昼間盛んに飛び回る。雌は灰白色で暗色紋がある。幼虫は糸でぶら下がるのでブランコ毛虫とよばれ、種々の木の葉を食べる害虫

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まいまいが【舞舞蛾】

ドクガ科のガ。開張は雄が約5センチメートル、雌が約8センチメートル。雄のはねは黒褐色、雌は淡灰色の地に黒色紋がある。成虫は夏に現れ、雄は昼間ぐるぐる回りながら飛ぶ。幼虫は体長6センチメートルに達し、灰褐色の体に白い長毛が生え、口から糸を吐いてぶら下がるので「ブランコ毛虫」と呼ばれる。多種の樹木を食害する害虫。世界各地に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

舞舞蛾の関連キーワード灰褐色黒褐色樹木分布成虫

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舞舞蛾の関連情報