コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞鶴草(読み)マイヅルソウ

大辞林 第三版の解説

まいづるそう【舞鶴草】

ユリ科の多年草。ブナ帯・亜高山に分布。高さ20センチメートル 内外。地下茎は長くはい、大きな群落をつくる。心臓形の葉を二、三個互生する。初夏、茎頂に白色の小花を十数個つけ、液果は晩秋赤く熟す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

舞鶴草 (マイズルソウ)

学名:Maianthemum dilatatum
植物。ユリ科の多年草,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android