舟行(読み)シュウコウ

  • しゅうこう シウカウ
  • しゅうこう〔シウカウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
舟が通行すること。「舟行が滞る」
舟に乗って行くこと。舟旅。また、舟遊び。
「今日は―し明日は山行し」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 舟が通行すること。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉三「芝口に一橋有り〈略〉流れ甚だ広からずと雖も舟行の窮まる処に係る」
② (━する) 舟に乗って行くこと。
※四河入海(17C前)一九「坡言は、我今劉器之と同く舟行するぞ」 〔李白‐送儲邕之武昌詩〕
③ 舟遊び。
※菅家文草(900頃)六・敬奉和左大将軍扈従太上皇、舟行有感見寄之口号「吟詩恰似舟行、不流自感情」
④ 舟の速さ。舟足(ふなあし)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android