コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空日 こうくうび

2件 の用語解説(航空日の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空日
こうくうび

空の日」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

航空日
こうくうび

日本における航空に関する思想や知識の普及を計るために定められた日。9月20日。徳川・日野両大尉(当時)の東京代々木練兵場における日本最初の飛行30周年を機に、1940年(昭和15)、陸軍、海軍、文部、逓信(ていしん)の各省合同で行うことが決められた。実施時期を9月20日にした理由は、9月にはほかに行事や休日がなく、かつ20日が統計上晴天が多いためとされている。したがって、航空史上からはなんら記念すべき事柄はないので、航空記念日とはよばない。44年の第5回まで毎年実施され、翌年第二次世界大戦終戦のため中断したが、53年(昭和28)に復活し現在に至っている。当日は航空関係者の表彰式、追悼式、講演会、映画会、その他記念行事が行われる。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

航空日の関連情報