コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船玉/船霊/船魂 フナダマ

デジタル大辞泉の解説

ふな‐だま【船玉/船霊/船魂】

航海の安全を守る神。住吉神(すみのえのかみ)水天宮金比羅権現などで、そのお札を船内に貼る。
漁船の守護神として信仰されている神霊新造のとき、船大工が女性の毛髪や人形(ひとがた)・さいころ2個などを船の中央の帆柱の下などに、神体としてはめ込む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

船玉/船霊/船魂の関連キーワードテクノスーパーライナー(TSL)全国造船重機械労働組合連合会鬼怒川氾濫(2015年)栃木県さくら市上阿久津船玉・船霊・船魂関本(茨城県)茨城県筑西市玉野(市)中村 園枝風船節供航海筒立関城船霊

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android