船玉/船霊/船魂(読み)フナダマ

デジタル大辞泉の解説

ふな‐だま【船玉/船霊/船魂】

航海の安全を守る神。住吉神(すみのえのかみ)水天宮金比羅権現などで、そのお札を船内に貼る。
漁船の守護神として信仰されている神霊新造のとき、船大工が女性の毛髪や人形(ひとがた)・さいころ2個などを船の中央の帆柱の下などに、神体としてはめ込む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android