コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船玉/船霊/船魂 フナダマ

デジタル大辞泉の解説

ふな‐だま【船玉/船霊/船魂】

航海の安全を守る神。住吉神(すみのえのかみ)水天宮金比羅権現などで、そのお札を船内に貼る。
漁船の守護神として信仰されている神霊。新造のとき、船大工が女性の毛髪や人形(ひとがた)・さいころ2個などを船の中央の帆柱の下などに、神体としてはめ込む。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone