コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉神/墨江神 スミノエノカミ

デジタル大辞泉の解説

すみのえ‐の‐かみ【住吉神/墨江神】

住吉(すみよし)大社の祭神である表筒男命(うわつつのおのみこと)・中筒男命(なかつつのおのみこと)・底筒男命(そこつつのおのみこと)の総称。伊奘諾尊(いざなぎのみこと)が日向(ひゅうが)の檍原(あはきはら)でみそぎをしたときに生じた神々。海上の守護神、また和歌の神として尊崇される。すみよしのかみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すみのえのかみ【住吉神】

底筒男命そこつつのおのみこと・中なか筒男命・表うわ筒男命の総称。海上の守護神、外交の神、和歌の神とされる。住吉神社の祭神。すみよしのかみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住吉神
すみよしのかみ

墨江神(すみのえのかみ)、住吉神(すみのえのかみ)ともいう。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が筑紫日向之橘小門之阿波岐原(つくしのひむかのたちばなのおどのあわぎのはら)で禊(みそぎ)をしたとき、阿曇連(あずみのむらじ)の祭る海神少童(わたつみ)(海津見)三神とともに出現した、底筒男(そこつつのお)、中(なか)筒男、表(うわ)(上)筒男の三神を住吉大神(すみのえのおおかみ)という。仲哀(ちゅうあい)天皇崩後の神功(じんぐう)皇后の朝鮮半島平定説話は、この神の託宣に従って行われた神威譚(たん)である。この神は造船や港湾などにも関連し、とくに海外への航路神、軍神として高い尊崇を受けた。この神の記事はほとんどの古代文献にみえ、とりわけ8世紀に書かれたと推定される『住吉大社神代記』には、他の古文献にない資料もみえる。しかし皇神(すめがみ)、現人神(あらひとがみ)ともよばれるこの神の成立や発展については、なお未解明の部分が多い。[吉井 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

住吉神/墨江神の関連キーワード兵庫県神戸市東灘区住吉宮町兵庫県篠山市今田町上小野原鹿児島県曽於市末吉町二之方大阪府大阪市西淀川区野里福島県いわき市小名浜住吉兵庫県明石市魚住町中尾山口県下関市一の宮住吉福岡県福岡市博多区住吉兵庫県加西市北条町北条兵庫県篠山市今田町木津大阪府豊中市服部南町上鴨川住吉神社神事舞兵庫県西脇市上比延町大阪府四條畷市上田原兵庫県三田市大川瀬東京都青梅市住江町兵庫県加東市上鴨川吉住小三郎(1世)埼玉県坂戸市塚越山梨県甲府市住吉

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android