コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船組 ふなぐみ

世界大百科事典 第2版の解説

ふなぐみ【船組】

この言葉には四つの使いわけがある。(1)船主・船頭等の漁船所有者が数人以上あつまり,漁業生産をおこなうため,相互扶助的な面でかかわりをもつこと。広島県の安芸郡三津などでは,ボラ漁の際に〈ケタ船〉があつまることを〈組船(くみぶね)〉というが,このように漁船が何隻もあつまらなければ魚群を囲めないような場合,その組織,協力体制を船組とよぶ。(2)同魚種の漁獲をおこなう船主たちが,漁業生産を独占的におこなうために〈漁船制限〉をおこなって,他を排除しようとするために結成する〈船の組合〉をいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

船組の関連キーワード小野 真次レーマン管絃祭ヤミ族

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船組の関連情報