コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御前崎市 おまえざき

2件 の用語解説(御前崎市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御前崎〔市〕
おまえざき

静岡県南部,御前崎半島に位置する市。牧之原台地を背後に,遠州灘および駿河湾に面する。 2004年4月御前崎町と浜岡町が合併して発足。御前崎地区は,マグロ延縄漁船を中心とした遠洋漁業の基地。大井川の砂利積み出しや木材 (外材) 移入による貯木場などの諸施設も整えられている。白羽の風食礫産地,ウミガメおよびその産卵地は天然記念物。浜岡地区には中部電力浜岡原子力発電所浜岡砂丘,桜ヶ池納櫃祭の奇祭で知られる池宮神社がある。台地上や砂地では畑作中心の農業が営まれ,野菜,温室メロンイチゴなどを産する。海岸部を国道 150号線が通る。市域の一部は御前崎遠州灘県立自然公園に属する。面積 65.56km2。人口 3万2578(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御前崎市の関連情報