良日(読み)よきひ

精選版 日本国語大辞典「良日」の解説

よき【良】 日(ひ)

天気がよい日。よい日和。
※土左(935頃)承平五年一月二一日「おぼろけのによりてにやあらん、風も吹かず、よきひいできて、こぎゆく」
物事をするのによいとする日。また、めでたい日。吉日
神楽歌(9C後)神上「〈本〉すべ神は与木比(ヨキヒ)祭りつ明日よりは八百万代を祈るばかりぞ」

りょう‐じつ リャウ‥【良日】

〘名〙 事を行なうのによい日柄。めでたい日。吉日。嘉辰(かしん)。〔漢書‐高祖紀下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android