良日(読み)よきひ

精選版 日本国語大辞典「良日」の解説

よき【良】 日(ひ)

天気がよい日。よい日和。
※土左(935頃)承平五年一月二一日「おぼろけのによりてにやあらん、風も吹かず、よきひいできて、こぎゆく」
物事をするのによいとする日。また、めでたい日。吉日
神楽歌(9C後)神上「〈本〉すべ神は与木比(ヨキヒ)祭りつ明日よりは八百万代を祈るばかりぞ」

りょう‐じつ リャウ‥【良日】

〘名〙 事を行なうのによい日柄。めでたい日。吉日。嘉辰(かしん)。〔漢書‐高祖紀下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「良日」の解説

りょう‐じつ〔リヤウ‐〕【良日】

事を行うのによい日。吉日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「良日」の解説

【良日】りようじつ

吉日。

字通「良」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android