コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉辰 かしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嘉辰
かしん

朗詠の曲名。「嘉辰令月歓無極 (かしんれいげつかんむきょく) …」という歌詞の歌い出しを曲名とする。古くは,「嘉辰令月」または「臨時客」とも題した。謝偃 (しゃえん) の唐詩を朗詠するもので,『和漢朗詠集』には,「祝 (いわい) 」と題するものの第1曲として収録されている。現行のものは,明治3 (1870) 年復曲。一の句・二の句・三の句として,同一詞章を音域を変えて3回歌うが,一の句は「令月」から,二の句は最初から,三の句は「歓無極」から唱える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐しん【××辰/佳×辰】

めでたい日。よい日柄。「きたる一五日の―に式を執り行う」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かしん【嘉辰】

朗詠の曲名。歌詞は〈嘉辰令月歓無極(かしんれいげつかんぶきよく),万歳千秋楽未央(ばんぜいせんしゆうらくびよう)〉。出典は中国の詩人謝偃(しやえん)の雑言詩で,藤原公任撰《和漢朗詠集》巻下に収められている。朗詠の現行15曲のうち,訓読せず漢音直読される唯一の曲であるが,かつては訓で朗詠されることもあった。《江談抄》はこの詩句を引いて,踏歌(とうか)の際にうたわれる詩と説明している。【田辺 史郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

嘉辰の関連キーワード神・伸・侵・信・呻・唇・娠・宸・寝・寢・審・心・愼・慎・振・斟・新・晨・森・津・浸・深・滲・申・疹・眞・真・神・箴・紳・臣・薪・親・診・賑・身・辛・辰・進・針・鍼・震

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嘉辰の関連情報