良瑜(読み)りょうゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良瑜 りょうゆ

1330-1397 南北朝時代の僧。
元徳2年生まれ。二条兼基(かねもと)の子。天台宗増仁(ぞうじん)から灌頂(かんじょう)をうけ,近江(おうみ)(滋賀県)園城寺(おんじょうじ)常住院門主となる。のち増仁から南滝宮門跡(もんぜき)をゆずられる。園城寺長吏,熊野三山検校(けんぎょう),四天王寺別当をつとめた。大僧正。応永4年8月21日死去。68歳。法名ははじめ静助。通称は法輪院准后。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android