コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増仁 ぞうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増仁 ぞうじん

1302-1368 鎌倉-南北朝時代の僧。
乾元(けんげん)元年生まれ。鷹司基忠(たかつかさ-もとただ)の養子。実相院(じっそういん)の増基から灌頂(かんじょう)をうける。貞和(じょうわ)元=興国6年から2度にわたり近江(おうみ)(滋賀県)の天台宗園城(おんじょう)寺の長吏をつとめた。大僧正応安元=正平(しょうへい)23年6月11日死去。67歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

増仁の関連キーワード南北朝時代良瑜乾元

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

増仁の関連情報