コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色で見わける栄養分 いろでみわけるえいようぶん

食の医学館の解説

いろでみわけるえいようぶん【色で見わける栄養分】

野菜はじつに色とりどりですが、色によってある程度栄養分が判別できます。
 赤はビタミンB12や鉄分、黄色は食物繊維カロテン類、緑はミネラルビタミンCを豊富に含んでいます。
 これらの色を目安に、自分の体調に合わせて食材を選びましょう。
・鉄分豊富な赤い食べもの
 トマトビートハツカダイコントウガラシブドウなど、赤色の食べものは貧血予防に効果的な鉄分がたっぷり。
・黄色の食べものには繊維
 黄色い食べものには腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にする成分が含まれています。麦、トウモロコシ、パインアップル、バナナレモンカボチャなど。
・肌のみずみずしさを保つ緑色
 ミネラル、ビタミンが豊富な緑の野菜。肌を美しく保ち、ストレスを解消。ホウレンソウブロッコリーグリンピースパセリコマツナアスパラガスなど。
・紫色は体力回復に
 紫色の食べものにはアントシアニン類が豊富で、抗酸化作用があります。病中病後の体力回復に。ナス、ブルーベリーキイチゴなど。

出典|小学館食の医学館について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone