コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色で見わける栄養分 いろでみわけるえいようぶん

1件 の用語解説(色で見わける栄養分の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

いろでみわけるえいようぶん【色で見わける栄養分】

野菜はじつに色とりどりですが、色によってある程度栄養分が判別できます。
 赤はビタミンB12や鉄分、黄色は食物繊維カロテン類、緑はミネラルビタミンCを豊富に含んでいます。
 これらの色を目安に、自分の体調に合わせて食材を選びましょう。
・鉄分豊富な赤い食べもの
 トマトビートハツカダイコントウガラシブドウなど、赤色の食べものは貧血予防に効果的な鉄分がたっぷり。
・黄色の食べものには繊維
 黄色い食べものには腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にする成分が含まれています。麦、トウモロコシ、パインアップル、バナナレモンカボチャなど。
・肌のみずみずしさを保つ緑色
 ミネラル、ビタミンが豊富な緑の野菜。肌を美しく保ち、ストレスを解消。ホウレンソウブロッコリーグリンピースパセリコマツナアスパラガスなど。
・紫色は体力回復に
 紫色の食べものにはアントシアニン類が豊富で、抗酸化作用があります。病中病後の体力回復に。ナス、ブルーベリーキイチゴなど。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

色で見わける栄養分の関連キーワード萩焼色取り取り選り取りですが取り取り機織鳥咲誇るひとりでにマドンナデッリドリス教会シューマン:色とりどりの小品/piano solo

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone