コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色の三刺激値 いろのさんしげきちtristimulus value of a colour stimulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色の三刺激値
いろのさんしげきち
tristimulus value of a colour stimulus

CIE表色系 (XYZ表色系) で使われる色の三原色への分解法。光の色は,赤,緑,青の3種の原色光を適当な量で混合することにより表すことができる (物体の色は反射光の色) 。一定の強度の色光と等しい色をつくるために必要な3種の原色光の強度を波長ごとに表したものを「スペクトル三刺激値」といい,これらに光の分光分布を各波長ごとに乗じて加え合わせたものが色の三刺激値である。実際の色の表示には,この三刺激値を変換した色度座標が用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

色の三刺激値の関連キーワードCIE表色系国際照明委員会マンセル表色系オイラー角色度図応力色の体系色度座標測色計

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android