コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色付く イロヅク

デジタル大辞泉の解説

いろ‐づ・く【色付く】

[動カ五(四)]
果実などが熟してきて色がつく。「柿の実が―・く」
草木の葉が赤や黄に変色する。紅葉する。「銀杏(いちょう)並木が―・く」
性に目覚める。色気づく。「―・く年ごろ」
[動カ下二]いろづける」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いろづく【色付く】

( 動五[四] )
色がつく。特に草木の葉や実などに美しい色がつく。 「柿の実が-・く」 「もみじが-・く」
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

色付くの関連キーワード愛発山・有乳山・荒血山野山司・野山阜いちょう水鳥の青葉山山粧う草木月人

色付くの関連情報