コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰間 カゲマ

百科事典マイペディアの解説

陰間【かげま】

若衆歌舞伎で,まだ舞台に立たない修業中の少年をいったが,のち男色(なんしょく)を売る者(男娼(だんしょう))の称となる。陰を抱えて女装させ,客を迎える陰間茶屋も起こり,江戸の芳(葭)町(よしちょう)・湯島,京の宮川町,大坂の道頓堀等が著名。
→関連項目葭町

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かげま【陰間】

江戸で用いた男娼(だんしよう)の通称。1652年(承応1)に若衆わかしゆ)歌舞伎が禁止されたのは,その役者が男色の対象とされ,売色が盛んに行われたためであった。とくに年少者が求められたため,まだ舞台には立てぬ養成中の少年役者の売色が多く,それを専業とするものが少なくなかった。こうして〈陰の間〉の役者,つまり舞台に出ぬ役者の意の陰間は,そのまま男娼の通称となった。陰間に対して,舞台に出演するもので売色するものは舞台子,色子,旅かせぎをするものは飛子(とびこ)ともいった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かげま【陰間】

宴席に侍り、男色を売る少年。近世後期には歌舞伎関係者でこれにかかわる者も多く、役者になる者も出た。男娼。若衆わかしゆ。陰舞。陰郎。かげこ。かげまこ。 「爰元へも-の子どもまゐり候へども/浮世草子・文反古 5

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陰間
かげま

江戸時代、男娼(だんしょう)の俗称。近世初期の歌舞伎(かぶき)の若衆(わかしゅ)、野郎には、副業として男娼をつとめる者もあったが、のちに役者養成中(陰(かげ)の間(ま))の少年が職業的男色提供者となり、陰子(かげこ)、制外子(せいがいこ)、飛子(とびこ)などの名称のうち、陰間が男娼の一般的別称として用いられ現代に至っている。江戸の芳町(よしちょう)、湯島などには、陰間を抱えて売色を斡旋(あっせん)する陰間茶屋ができたが、それらの陰間には歌舞伎とは無関係の者もあり、20歳以上の陰間もあった。島田髷(しまだまげ)に大振袖(おおふりそで)の女装が多かったが、禁令が厳しくなると男装の若衆風俗に変えた。[原島陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の陰間の言及

【男色】より

…その中から,男色における兄分(念者(ねんじや),念人(ねんにん))と弟分(少人(しようじん),若衆)との間の倫理的契約(義理,意気)を重んじた衆道(しゆどう),若道(にやくどう)の成立をみるにいたった。こうした男色流行は江戸時代の前期に受けつがれ,士,僧のほか一般庶民の間にもその風がひろまり,若衆歌舞伎の発展はこれを助長するとともに,男色を売る男娼――陰間(かげま)が出現するに及んだ。この男色志向を反映して,独特の衆道文学とも呼ぶべき男色物の仮名草子や浮世草子が多数つくられている。…

※「陰間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陰間の関連キーワード宮薗千之(初代)茶屋(茶店)川西・河西佐用[町]深井志道軒陰子・蔭子出合茶屋子供茶屋野郎茶屋子供部屋江戸時代窄り若衆貸座敷福塩線娼襠子宮薗節子供屋石垣町文反古子供

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陰間の関連情報