コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山椒魚 サンショウウオ

5件 の用語解説(山椒魚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんしょう‐うお〔サンセウうを〕【山×椒魚】

有尾目のサンショウウオ科・アンビストマ科プレソドン科両生類の総称。約280種が知られる。成体にも発達した尾があり、四肢が発達。肺および皮膚で呼吸するが、肺を欠くものもある。ほとんど陸生で、止水または渓流に卵嚢(らんのう)を産みつける。日本にはハコネサンショウウオ・カスミサンショウウオなどがいる。はたけどじょう。はじかみうお。あぶらめ。 夏》「―この滝に棲(す)む神代より/青邨
[補説]書名別項。→山椒魚

さんしょううお【山椒魚】[書名]

井伏鱒二短編小説。体が大きくなり、岩屋から出られなくなったサンショウウオの悲嘆を描く。大正12年(1923)年の作品「幽閉」を改稿して昭和4年(1929)に発表。昭和60年(1985)、全集への収録時に、著者自身が結末部分を大幅に削り、話題となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんしょううお【山椒魚】

有尾目サンショウウオ科・アンビストマ科・プレソドン科の両生類の総称。体長10~16センチメートル。外形はイモリに似るが、卵は多数が膠にかわ質の卵囊らんのうに包まれ、体外受精を行うなどの点が異なる。サンショウウオ科にはハコネサンショウウオ・クロサンショウウオなど日本特産種が多い。別科のオオサンショウウオを含めていうこともある。古くから黒焼きや干物にして薬用とする。
書名(別項参照)。

さんしょううお【山椒魚】

小説。井伏鱒二作。1923年(大正12)「世紀」に発表。岩屋から出られなくなった絶望的な状況の山椒魚をユーモラスな筆致で描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山椒魚
さんしょううお

井伏鱒二(いぶせますじ)の短編小説。1929年(昭和4)5月『文芸都市』に発表。処女作『幽閉』(『世紀』1923.7)の改稿作。うっかりしている間に体が肥大して岩屋から出られなくなった山椒魚は、嘆きの果てに性質が悪くなって、たまたま岩屋に紛れ込んだ蛙(かえる)を閉じ込めてしまう。以後、両者は、悪口を言い合いながら対峙(たいじ)すること2年、最後にようやく許し合った。出口のない絶望的な設定のうえに、当時の作者の暗い心象がうかがわれるが、それをユーモラスな筆で包んだ、独特の名品である。なお、1985年に出版された『井伏鱒二自選全集1』においては、最後の許し合いの部分が削除され話題をよんだ。[磯貝英夫]
『『山椒魚他』(新潮文庫・講談社文庫・岩波文庫) ▽『井伏鱒二自選全集1』(1985・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山椒魚の関連キーワードオオサンショウウオ有尾類大山椒魚霞山椒魚箱根山椒魚蝦夷山椒魚黒山椒魚東京山椒魚日本サンショウウオセンターサンショウウオ(山椒魚)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山椒魚の関連情報