コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花碇 ハナイカリ

デジタル大辞泉の解説

はな‐いかり【花×碇】

リンドウ科の二年草山地の草原に生え、高さ10~30センチ。長楕円形の葉が対生する。8、9月ごろ、淡黄色の花を開く。花びらは四つに裂けていて、基部距(きょ)をもち、碇に似る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はないかり【花碇】

リンドウ科の二年草。山地の草原に生える。高さ約30センチメートル。葉は狭卵形。夏から秋に、茎頂や葉腋に淡黄色の花をつける。花は上端が四深裂し、基部に距きよがあって、碇に見たてこの名がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

花碇 (ハナイカリ)

学名:Halenia corniculata
植物。リンドウ科の二年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

花碇の関連キーワード飯野山上端葉腋卵形