コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花粉層位学 かふんそういがくpollen stratigraphy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花粉層位学
かふんそういがく
pollen stratigraphy

花粉層序学ともいう。堆積層の中に含まれている花粉群集の特徴から,地層の形成,重なり方を研究する学問分野。花粉の外側の構造は腐敗しにくく比較的保存されやすいので,貝化石の乏しい陸成層の研究に有効。気候変化や植生の変化の推定,海底地質の解明などにも役立つ。 (→花粉分析 , 層位学 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android