コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出づ イズ

3件 の用語解説(出づの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い・ず〔いづ〕【出づ】

[動ダ下二]
ある場所から外の方へ移る。そこから離れる。出発する。
「住む館(たち)より―・でて船に乗るべき所へ渡る」〈土佐
人目につく所に現れる。
「自らが家をこぼちて市(いち)に―・でて売る」〈方丈記
日や月など、いままで視界から隠れていたものが現れる。
「暁かけて月―・づる頃なれば」〈・須磨〉
新たに現れる。生まれる。生じる。
「かかる人も世に―・でおはするものなりけり」〈・桐壺〉
俗世間・迷いなどから逃れる。
「山ふかく心はかねておくりてき身こそ憂き世を―・でやらねども」〈山家集・下〉
(「…に出づ」の形で)あることに起因する。由来する。もとづく。
「アルレゴリイと勧懲主眼の小説との差別(けじめ)を知らぬに―・でたることにて」〈逍遥小説神髄
動詞の連用形に付いて、出る意を添える。
「うち添へて、もとよりの憎さも立ち―・でて」〈・桐壺〉

㋐外に現す。出す。
「言に―・でて言はばゆゆしみ」〈・四〇〇八〉
㋑動詞の連用形に付いて、出す意を添える。
「さが尻をかき―・でて」〈竹取
[補説]基本的には「でる」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いず【出づ】

( 動下二 )
内から外へ移動する。でる。 「都-・でて今日みかの原いづみ川/古今 羇旅
開けた場所に行く。でる。 「浜に-・でて海原見れば/万葉集 4360
所属していた家・団体などから去る。離れる。でる。 「家をも-・で世をものがれたりせば/平家 1
人の前に姿を現す。 「翁-・でて曰く、…/竹取」
中の物が自然に移動して外に現れる。でる。 「足柄の刀比の河内に-・づる湯の/万葉集 3368
境界をこえる。でる。 「この度、生死の境を-・でなんと/宇治拾遺 1
前や外に突き出る。でっぱる。 「雄島が磯は、地つづきて海に-・でたる島なり/奥の細道」
登場する。出現する。 「兵衛佐殿、流人でおはすれども…もし世に-・でてたづねらるる事もこそあれ/平家 12」 「春の初めに水なん多く-・づる/枕草子 38
山陰・雲などにさえぎられていた太陽・月などが現れる。でる。 「遅く-・づる月にもあるかな足引きの山のあなたも惜しむべらなり/古今 雑上
表面に現れる。できる。 「身に瘡かさも一つ二つ-・でたり/伊勢 96
発生する。起こる。でる。 「音もいと二なう-・づる琴ども/源氏 明石
生まれる。産出する。でる。 「この四家よりあまたのさまざまの国王、大臣・公卿、多く-・で給ひて/大鏡 道長
由来する。原因がある。 「アルレゴリイと勧懲主眼の小説との差別けじめを知らぬに-・でたることにて/小説神髄 逍遥
内面のものを表面化させる。 「言ことに-・でて言はばゆゆしみ/万葉集 4008」 〔自動詞はのちに下一段活用となり、「い」が脱落して「でる」となった〕

いづ【出づ】

( 動下二 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出づの関連キーワード茹でる奏でる撫づ這い出る秀でる見出づ愛づ茹づた・づ

出づの関連情報