コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出づ イズ

デジタル大辞泉の解説

い・ず〔いづ〕【出づ】

[動ダ下二]
ある場所から外の方へ移る。そこから離れる。出発する。
「住む館(たち)より―・でて船に乗るべき所へ渡る」〈土佐
人目につく所に現れる。
「自らが家をこぼちて市(いち)に―・でて売る」〈方丈記
日や月など、いままで視界から隠れていたものが現れる。
「暁かけて月―・づる頃なれば」〈・須磨〉
新たに現れる。生まれる。生じる。
「かかる人も世に―・でおはするものなりけり」〈桐壺
俗世間・迷いなどから逃れる。
「山ふかく心はかねておくりてき身こそ憂き世を―・でやらねども」〈山家集・下〉
(「…に出づ」の形で)あることに起因する。由来する。もとづく。
「アルレゴリイと勧懲主眼の小説との差別(けじめ)を知らぬに―・でたることにて」〈逍遥小説神髄
動詞の連用形に付いて、出る意を添える。
「うち添へて、もとよりの憎さも立ち―・でて」〈・桐壺〉

㋐外に現す。出す。
「言に―・でて言はばゆゆしみ」〈・四〇〇八〉
㋑動詞の連用形に付いて、出す意を添える。
「さが尻をかき―・でて」〈竹取
[補説]基本的には「でる」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いず【出づ】

( 動下二 )
内から外へ移動する。でる。 「都-・でて今日みかの原いづみ川/古今 羇旅
開けた場所に行く。でる。 「浜に-・でて海原見れば/万葉集 4360
所属していた家・団体などから去る。離れる。でる。 「家をも-・で世をものがれたりせば/平家 1
人の前に姿を現す。 「翁-・でて曰く、…/竹取」
中の物が自然に移動して外に現れる。でる。 「足柄の刀比の河内に-・づる湯の/万葉集 3368
境界をこえる。でる。 「この度、生死の境を-・でなんと/宇治拾遺 1
前や外に突き出る。でっぱる。 「雄島が磯は、地つづきて海に-・でたる島なり/奥の細道」
登場する。出現する。 「兵衛佐殿、流人でおはすれども…もし世に-・でてたづねらるる事もこそあれ/平家 12」 「春の初めに水なん多く-・づる/枕草子 38
山陰・雲などにさえぎられていた太陽・月などが現れる。でる。 「遅く-・づる月にもあるかな足引きの山のあなたも惜しむべらなり/古今 雑上
表面に現れる。できる。 「身に瘡かさも一つ二つ-・でたり/伊勢 96
発生する。起こる。でる。 「音もいと二なう-・づる琴ども/源氏 明石
生まれる。産出する。でる。 「この四家よりあまたのさまざまの国王、大臣・公卿、多く-・で給ひて/大鏡 道長
由来する。原因がある。 「アルレゴリイと勧懲主眼の小説との差別けじめを知らぬに-・でたることにて/小説神髄 逍遥
内面のものを表面化させる。 「言ことに-・でて言はばゆゆしみ/万葉集 4008」 〔自動詞はのちに下一段活用となり、「い」が脱落して「でる」となった〕

いづ【出づ】

( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

出づの関連キーワード民撰議院設立建白書(抄)魚鱗懸かり・魚鱗懸り刈る萱の・苅る萱の下二段活用三条西公国裨益・埤益柿本人麻呂高知(県)落栗庵木網田辺福麻呂高橋虫麻呂行き合ひ罷り出づ生り出づ物部影媛伊豆手船踏み違ふ滝田瓢水刈り菰の毛の柔物

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出づの関連情報