コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花見酒 ハナミザケ

デジタル大辞泉の解説

はなみ‐ざけ【花見酒】

花見をしながら飲む酒。 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

花見酒

古典落語の演目のひとつ。三遊亭小圓馬が得意とした。オチは間抜オチ。主な登場人物は、若い衆

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はなみざけ【花見酒】

花見をしながら飲む酒。
落語の一。花見の場で酒を売ってもうけようと樽たるをかついで出かけた酒好きの二人が、酒屋から釣り銭用に借りた銭を交互に払い合って商売物を飲み尽くしたあげく、残ったのは釣り銭用に借りた銭だけというもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花見酒の関連情報