花貫渓谷(読み)はなぬきけいこく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茨城県北東部、高萩市(たかはぎし)にある峡谷。多賀(たが)山地東縁部を花貫川が侵食し、花崗(かこう)岩質岩石が露出している谷である。津智岳(つちだけ)橋付近の東西3キロメートルは新緑・紅葉の景勝地で、ハイキング、キャンプ、山菜とりでにぎわう。西方には土岳(つちだけ)(標高600メートル)や旧水戸藩の大能(おおのう)牧場跡があり、現在は肉牛の飼育が盛ん。東の谷口の花貫ダムは、海の見える多目的ダムとして有名。花園(はなぞの)花貫県立自然公園の一部をなしている。

[櫻井明俊]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android