コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳村伊三郎(5代) よしむら いさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳村伊三郎(5代) よしむら-いさぶろう

1832-1882 幕末-明治時代の長唄唄方。
天保(てんぽう)3年生まれ。旗本石川八五郎の次男。17歳で4代没後の伊三郎家の養子となる。芳村伊千三郎,4代芳村伊十郎をへて,安政6年5代伊三郎を襲名。伝馬町の伊三郎とよばれ,2代松島庄五郎とともに明治初期の代表的唄方として活躍した。明治15年11月24日死去。51歳。江戸出身。本名は石川清之丞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

芳村伊三郎(5代)の関連キーワードハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンド市川団十郎チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ボアソナード早稲田大学十二の練習曲

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android