コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳郷光隣 ほうきょう こうりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳郷光隣 ほうきょう-こうりん

?-1536 室町-戦国時代の僧。
臨済(りんざい)宗。京都東福寺の斯立光幢(しりゅう-こうとう)に師事し,その法をつぐ。大永(たいえい)4年東福寺の住持となった。天文(てんぶん)5年6月14日死去。俗姓は赤松。別号に愚島。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芳郷光隣の関連キーワード少弐資元タリコナ長尾為景Nexus9iPadエアー足利義輝近衛前久実隆公記塵芥集天海

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone