コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術と実生活 げいじゅつとじっせいかつ

世界大百科事典 第2版の解説

げいじゅつとじっせいかつ【芸術と実生活】

平野謙の評論集。1958年1月講談社刊。〈私小説(わたくししようせつ)の二律背反〉を総論とし鷗外,花袋,藤村,秋声,荷風,漱石の作家論と〈演技説修正〉ほかの評論から成る。生の危機意識を制作動機とする私小説家が,実生活みずから危機を設定するため起きる生活破壊と,そういう危機を警戒克服するところに実生活上の調和を求めて起きる制作意欲沈滞という二律背反説が有名。この論の根底には自然主義文学からマルクス主義文学にいたる日本近代文学の根強い私小説的伝統の克服という問題意識がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の芸術と実生活の言及

【平野謙】より

…そのマルクス主義文学批判の精緻な史的検討を《昭和文学史》(1959)に集大成した。私小説的文学伝統の克服を課題とし私小説の二律背反を解明,芸術と実生活の相関関係を追求した《芸術と実生活》(1958,芸術選奨受賞)は批評のリアリティの一極致とされる。ほかに《文芸時評》(1963,69年毎日出版文化賞),《さまざまな青春》(1975,野間文芸賞)などがある。…

※「芸術と実生活」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

芸術と実生活の関連キーワード新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎増村保造

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone