コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芹沢【けい】介 せりざわけいすけ

1件 の用語解説(芹沢【けい】介の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

芹沢【けい】介【せりざわけいすけ】

染色工芸家。静岡市生れ。東京高等工業図案科卒。柳宗悦の民芸運動に加わり,型絵染を創始。その卓抜した意匠は,室内装飾や家具設計,装丁,版画にいたるまで,伝統と近代的感覚を巧みに混合した独自の作風を開いた。
→関連項目大原美術館芹沢長介

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

芹沢【けい】介の関連キーワード江藤哲芹沢銈介松岡寿高等工業学校木檜恕一鈴田照次森谷延雄吉武栄之進国立高等工芸学校東京高等工業学校

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone